ダイエット・コレステロール外来について
年齢を重ねるとともに体重が落ちにくくなった、毎年の健康診断で体重が増えていっている、コレステロールが高いと言われている。
こういった方々のための外来です。「医学的根拠」に基づいた効果的かつ効率的なアドバイス、一人では続かない方のための専任医師によるマンツーマンサポート、健康的に減量できるようプログラムを進めていきます。健康相談のつもりでお気軽にご相談ください。
工藤 孝文工藤 あき
太る原因は人それぞれ
ストレスによるドカ食いや、出産による甲状腺ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンバランスの乱れによる体重増加など原因は様々です。食べ方のくせや心理状態が食行動にどう影響しているかまで詳しく分析し、オーダーメイド治療を行います。担当医師と一緒にがんばりましょう!
頭では分かっているけど食べてしまう
私も実は数年前までかなり太っていました。

身長178cmで、92kgもあったのです。それが自分自身を見直すことで改善し、約25kgのダイエットに成功しました。

ただ、仕事を続けていると、たまにどうしてもストレスが溜まったり、寝不足が続いたりします。するとつい食べ過ぎることもありますし、やはり一時的に少し太ってしまうんですよね。でもそこで自分を責めたり後悔したりしても仕方ないので、そうはしません。

食べ過ぎてしまったら、「ああ、おいしかった。これでストレスが減ったから逆によかった」と思えばいいのです。
「一度も二度も、食べ過ぎたら一緒」と坂道を転げ落ちるように食べ続けてしまうとリバウンドしてしまうのですが、改善できた人は、きっとそうはなりません。

自分を定期的に見直すことで、食べ過ぎてしまっても、そのことをきちんと理解していて、太った原因を取り除こうと再び気をつけられるはずです。そうすることで一時的には体重の上下があったとしても、大きくは変動せず理想の体重をキープできます。

肥満の状態は、生活していると生じるさまざまな原因が絡み合って形成されているもの。だから一瞬でやせるものでもなければ、一回やせたからといって二度と「少しも太らない」というものでもありません。でも、徐々に身体のことや性格、太る原因がわかると、「自分のやせ方」がわかります。

自己分析能力が上がり、「ダイエット力」が上達していくイメージです。つまり、仮にまた少し太ってもすぐに戻せるというわけです。弱い自分も好きになって、「理想の自分」のなり方がわかると信じています。太ったら工藤先生のせいにしてください。(笑)しっかりとサポートします。
[ 書 籍 ] ダイエット・コレステロール外来におすすめ書籍