コロナ自粛による男性ホルモンの低下に注意を!

コロナ自粛が長くなり

体がだるい・やる気が起きないなどの症状の方が増えています。

それは、男性ホルモンのテストステロンの低下が原因かもしれません。

 女性も閉経時に同様な症状がみられますが、ここ数カ月、男性にも同じような訴えの方が増えてきています。

加齢とともにテストステロンは減っていきますが、ストレスなどの影響でも低下するため、アラフォーでも男性更年期障害になる可能性があります。

テストステロンが低下すると、筋肉量の減少・体脂肪の増加などで生活習慣病のリスクが高くなります。また、やる気が起きず、億劫な気分なってきます、

テストステロンの低下している人はうつ病を発症しやすいというデータもあります。

コロナ自粛で、人との関係性が減少すると、テストステロンの低下が懸念されます。

チェックしてみましょう!

★男性更年期障害:10の質問★

1 性欲が落ちた

2 元気がでない

3 体力が落ちた

4 身長が低くなった

5 毎日の楽しみがない

6 悲しい、イライラする

7 勃起力が弱い

8 運動能力が落ちた

9 夕食後にうたた寝をしてしまう

10 仕事の効率が落ちた

※3項目以上当てはまると、男性更年期障害の可能性があるといわれています。

では、テストステロンを増やすには何をすべきか。

食事、運動、睡眠でストレスをためないことはもちろん、とりわけ筋トレはテストステロンを増やします。

気になる方は、早速、筋トレから始めてみましょう!

詳しくはこちら

【テレビ出演】 1月10日(日) 13時~フジテレビ系「データがない!」に出演します。

1月10日(日) 13時頃~フジテレビ系「データがない!」に出演します。

よろしければご覧ください。

【新刊紹介】

【日本コカ・コーラ株式会社】 「からだおだやか茶W」新製品発表会 工藤孝文医師

  【日本コカ・コーラ株式会社】

    「からだおだやか茶W

      新製品発表会

 

 

 

 

 

【医師監修】フラボノイドで、認知症の発症リスクが低下!?

フラボノイドで、認知症の発症リスクが低下!?

フラボノイドを多くからだに取り入れると、認知症になるリスクが低い可能性が、アメリカの研究で明らかになりました。

男女2801人(研究開始時の平均年齢が59歳)を対象に、フラボノイド類に分類される6種類の物質の摂取量を調べました。

約20年間追跡し、認知症が発病するか関連性を調査しました。

各種フラボノイド類の摂取量で4群に分けた結果、「フラボノール」を最も多く取った群は最も少なかった群に比べて、認知症の発症リスクが46%低かったという結果がでました。同様に「アントシアニン」では76%、「フラボノイドポリマー」では42%低かった問う言う結果でした。「フラボノール」と「フラボノイドポリマー」は紅茶やリンゴ、ナシから、「アントシアニン」はブルーベリーやイチゴ、赤ワインからの摂取が多かったようです。

また認知症のうちアルツハイマー型認知症も、「フラボノール」と「アントシアニン」の摂取量が多いほど発症リスクは低かったとの結果がでました

フラボノイド類やその代謝物は、神経細胞の生存を促し、脳血管の血流を良くすると考えられています。

フラボノイド!認知症のリスク低下に期待大です!

(引用:Am J Clin Nutr; 112,343-353,2020)

【医師監修】新型コロナウィルス対策に免疫力UPを! みやま市工藤内科

【医師監修】新型コロナウィルス対策に免疫力UPを!みやま市工藤孝文医師

【関連書籍】

【医師監修】お酒・アルコールを飲むと風邪をひきにくいことが判明!?文献調べて検証しました。

【医師監修】

お酒・アルコールを飲むと風邪をひきにくいことが判明!?

本当か文献調べて検証しました。

【新刊2冊を紹介】

 

 

 

【医師が教える名言セラピー】工藤孝文

【医師が教える名言セラピー】工藤孝文

 

何度も何度も傷つけられたら、

相手を紙やすりだと思えばいい。

多少、擦り傷は受けれど、

 

自分はピカピカになり、

相手は使い物にならなくなる。

 

クリス・コルファー

【医師が教える名言セラピー】

医師が教える『読むだけで幸せになる名言セラピー』

AD

レモンの健康効果まとめ。内科医 工藤孝文医師が解説!!

■掲載元: Men’s Beauty

掲載日時: 2020年8月26日

タイトル: 『コロナ太りの解消に専門医が推奨する〝足し算のダイエット〟とは』

https://beauty-men.jp/109566

■掲載元: BizClip

掲載日時: 2020年9月11日

タイトル: 『免疫力を落とさずにコロナ太りを改善しよう』

https://www.bizclip.jp/articles/bcl00021-063.html

■掲載元: DIME

掲載日時: 2020年9月15日

タイトル: ダイエット外来の医師が解説!食後血糖値抑制、痩せホルモン、コロナ太りに「レモン」がおすすめの理由

https://dime.jp/genre/986257/

■掲載元: saitaPULS

掲載日時: 2020年9月23日

タイトル: 食事前に摂ることで肥満予防に!痩せホルモンを増加させる「レモン」がすごい

https://saita-puls.com/18500

■掲載元: GINGER web

掲載日時: 2020年10月3日

タイトル: 『痩せホルモンを活性化!レモンを味方にダイエット』

https://gingerweb.jp/beauty/slug-nfc1d44c7433

■掲載元: ヨガジャーナルオンライン

掲載日時: 2020年10月20日

タイトル: 血糖値の上昇を抑えられる?医師が勧める「食前レモン果汁」習慣とは

https://yogajournal.jp/7475

■掲載元: 週刊女性PRIME

掲載日時: 2020年10月29日

タイトル: 食事前の『レモン水』で脱コロナ太り! お手軽健康法、3つのうれしい効果とは

https://www.jprime.jp/articles/-/19233

【テレビ出演】11月4日(水)『ホンマでっか!?TV』出演します。みやま市工藤内科:工藤あき・工藤孝文

【テレビ出演】

11月4日(水)『ホンマでっか!?TV』出演!

みやま市工藤内科 : 工藤あき工藤孝文

Page 1 of 8